d i a r y  /  S A T O S H I   U M E Z U ' s   H o m e P a g e

はじめに:
diaryページを作りました。これまでFacebook個人ページに”らしきもの”を掲載していたのですが、かねてからもう少し広く誰でも検索と閲覧で きるようにしたく思っていました。まずこれからは主だった内容の転記をするところから始めます。(2017/10/10)

©  2016 - 2017 SATOSHI UMEZU & Eight be ART( Eight Beat )


2017/11/18
今月もてんこ盛りで月一のレポートだと色々と支障をきたすこと想像したので、とりあえず今時点でここに記す。10月末、毎日新聞さんの取材。結果記事を拝 見すると、概要が的確でこの紙面を使い起きていることを第三者へ説明するにはとても良い文章だ。同じ出来事でもあらゆる方の目線から書かれると差に面白み を感じる。とにかく、私共を選んで頂き、ありがとうございます。10月28日、糸魚川の婚活フェア。今回は不測の不幸が重なり、関わる立場からいたたまれ ない気持ちになった。(事業に関することではありません)市民効果としては、総じて若い人が少ない街だと思われるので愛知や東京に見る盛大さ盛況さは、決 してない。だからと言って、こういう動き自体から手を離すことも違うと思う。主催様の新年やプロさを覚えました。個人的には整体の先生の施術が良かった。 身体は資本なので、なるべく意識は欠かせない。普段会えないような他者、他業種の方々と会い、久々に多くの名刺交換をした。28日は和泉地区の常会。特に 相変わらずの印象。11月に入り、その模様はほとんど出張。今月は新潟にいない時間の方が長いのでは、と感じる月です。土日に主に出張ですが、大きな遠方 イベントは平日中日での準備が間に合わないです。時間の無さは家庭内の険悪にもつながります。こういうのはなるべく回避したいのですが、回避できないこと もあり、細やかな配慮よりか手際とスピードでやり切るとか、そういうのが大切になってくる。丁寧な心配りができないので、普通は喧嘩にならないようなこと で無駄に棘が立つ。それくらい忙しいということで、とても辛かったです。月初には根知未来会議の立ち上げの会議に誘われ参加しました。何もわかっていない ですが、良いですね。会議後の懇親会は出れずそのまま大阪へ。これも辛かったですね。大阪への2本の出張があり、長距離ドライバーの気持ちを感じ得ます。 今日現在、この秋だけで4000kmは走行しているので、きつい筈。大阪万博公演のロハスフェスタ、合計6日。色々とこのイベントの好きなところはありま すが、個人的にはコンセプトと実行力が、好きです。イベントに出るたびにかず多くの方々に支えられていることを感じます。急に話題が飛び、服。とりわけ白 シャツをよく選び着るのですが、色々来た挙句戻るのが宮南さんのシャツのようだ。身体の細かい部分まで採寸していただけるので、着やすい。体にフィットす る。それはSMLのみの既製品には無い。そのまた採寸をベースに、彼女なりの美しいラインを割り出し、その上でシャツを仕立ててくれる。それが良いよう だ。白シャツの難点か、汚れや黄ばみはひどくなって来た。そろそろ新調したいところだ。白は粗を見せず末長く持たせるのが、大変だ。次は紺色のシャツをお 願いしようかと思う。半端ですが、ここで本日は終わり。支えられている、僕の手を介した個人的なことであっても、意識としては皆でやっていることなんだ、 それをとてもとても感じる。みんなで共に得る、充実感。そんな感じ。


2017/10/28
裏では必要性にかられ、自前でこつこつと作品集を作り続けていました。ようやく現行活動に合わせられるものが形になってきました。とりあえず、2014年 以降の作品のうち、手元にデータがある作品、その中でも先ずセレクトした作品約100点ほど、見開きA2で用意しました。どれも捨てがたいです。我ながら 見ても意外と圧巻です。じきに、時系列での作品集も作れたらと思いますが、今回掲載できてないのを含めると4、5倍はボリューム行くだろうかと思います。 がむしゃらに絵に働いているんだなと振り返ります。作品群を眺め返すと、様々思い出を振り返ります。今の自分のの時の流れの感覚なのか、まだ完成から1年 経ってない作品も4、5年前くらいに錯覚してしまいます。個人的なプロ歴はもっと長いですが、夫婦のアートユニットのカテイトエは結成して、実はまだたっ た3年で、他人様から見たら物的な信用ほぼゼロで、どこの馬の骨かわからない状況からのスタートでしたが、相当の注文数、ボリューム感、メディア取材応 対、責任を預かる制作を任せて頂くこと振り返り、改めて大感謝です。先日フランスから矢が届いたことも名誉でした。絵で食い続ける、というのはなかなかあ り得ないことに見られますが、多分、絵でなくても多くの創作系はできそうなイメージはあります。ちゃんとやるべくことをやって、やるべきタイミングに向け て、油断をせず、頑張って予見をして、些細な選択もあやまらず、心も強く持って、気持ちや行動をぶらさず、誠意持って、自分に負けずこつこつやっていれ ば、拾ってくれる神様はいるんだなと実感しています。都会だからとか、田舎とか、周りの人がどうとかは、過去の情報や常識はあまり関係なく、いつでもなん とかできることは、自分のメンタル次第と思います。当時の仕事仲間や先輩方が、時流に飲まれ商売あがったりと離散や転職に惑っていたことを振り返り、自分 もよくつられて惑いました。当時は結果大切と思い込んでいたことをいろいろ失いました。しかし、結局は他者理由で惑っていただけ、悪いモヤを振り払いきっ たと、今は振り返ります。結局は自分理由。志、本気度、メンタル、譲るべくエゴは捨てる、多くを欲しない、ちょっとの要領を意識し、悪いプライドは捨て、 人にも自分にも素直に。自分に甘えや嘘つかず努力、いつでも神様には見られている意識と行動。そのへんなんだと思います。志持ってもたちゆかない人、続か ない人へ、気づいて欲しいです。まだお手製ファイルは完成してませんが、お手製画集の披露は明日、糸魚川駅北のヒスイ王国館の結婚応援フェアにて。以降も 各所に持ち歩いて行きたいと思います。


2017/10/26
先週からの主だった応対は一応すべて終わり。母校の大学からの仕事。移住半年の意見交換会、信用組合への作品の納品、次に向けての雑談。小学校の図工の授 業と講評会。新聞社の応対。今から明後日の準備後、制作に専心します。11月からの出張ラッシュまでになるべく制作を進めておきたい。


2017/10/21
こんにちは、月1での報告的ブログとして、定例になってきました。月一リリースではどうしても、相変わらずの長文となりますが、よろしくお願いします。

1:審査に受かるかヒヤヒヤでしたが、海外のコンペに出展が確定しました。現在は郵送での書類審査だけです。12月現物を持って渡仏します。要項から推測 するに、展示も受賞結果もそこで決まると思われます。目指すは受賞。展示はルーブル美術館地下のスペース、出展は数百展規模のようです。メディア関係にも 様々取り上げていただいてます。関係しそうなリンクは以下につけますのでご興味の方は併せてご覧ください。 http: //www.salondesbeauxarts.com/ http://www.louvre.fr/jp https: //kateitoe.shopinfo.jp/posts/3001865?categoryIds=829590 https: //digital.j-times.jp/Contents/20171004/79956d96-7861-4ddd-89f5-5718c323e01c  https://www.facebook.com/umezu.satoshi/posts/1530102420370343

2:イギリスから日本に来た翻訳家の女性の方の結婚式に立ち寄りました。糸魚川根知の方との結婚で、ローカルでは喜ばしい大ニュースとなりました。ウエル カムボードもやらせていただいてます。純粋に嬉しいですね。二次会ではお互いの故郷の伝統芸やダンスを楽しめたことも良かったです。一緒を仕事する機会が 多い、映像チームも素敵な作品を作ったようです。 https://www.youtube.com/watch?v=1OpcgbMOw_I& feature=youtu.be

3:糸魚川市の年1の美術展、大火復興の特別展に作品を1点ずつ出展しました。アトリエ近所で懇意にさせていただいている大家族を描いたものが規格に合う ものだったので出展させていただきましたが、こちらは想い届かず全くの選外となりました。ただ、私達の作品は現在は総じて小さくそもそも規格サイズ外に なってしまいがちなのですが、そこがカバーできたことがまず嬉しかったです。忙しいのでなかなか美術展だけのための書き下ろしは困難ですので、来年以降も 関われるケースに当たれば出展を心がけて行きたいと思います。なお大火復興の特別展は青海の文化会館内にあるアートギャラリーで週明けまで展示されていま す。

4:10月上旬、淡路島に出張に行きました。1日目は天候が危うく盛り上がりに欠けましたが二日目以降はもういつものロハスフェスタの印象で、ヘトヘトに なるくらい楽しくたくさんの仕事と出会いを頂けました。ただ、糸魚川から淡路島は走行距離的にちょっとハードですね(笑)。たくさん荷物を積んでいるので シートを横に倒しての休憩が取れません。片道600km台の往復でそれができなかったことが、一番辛かったです。30代になり身体のガタの予兆はいくつか 出始めています。身体が資本ですのでいたわることも同時にすることを実践しなければと思います。

5:奥さんの手作り額も好調に受け入れられています。制作側からして、長さの狂い、角度の狂いの許容が小さいアイテムの安定して量産させていることに身近 にいながら驚きです。アクリル板のカットだけは僕も手伝うことが多いです。材料自体が畳サイズ的に大きいので一人でやると、サイズごとに割る時に仕損じや すいのと手際の問題もあります。今までは絵の中での分担でしたが、今はアイテムのトータル的な設えでも分担へ。お互いがやりたいこと、性格的に得意なこと を分業して今のカテイトエがあります。

6:10月14日・15日は地元で鉄道祭がありました。大糸線開通60周年、レトロ電話の代表格・キハ号を讃える趣旨の催しで、年度通して関連イベントが 春先から多く開催されていましたが、今回が大きなものだったようです。私たち夫婦、移住同期組のf&jのTammyさんらと、子ども達に向けて絵 の勉強体験会兼作品作りを行いました。ねちアートフェス・ねちっこライブペインティングなる名目のイベントです。根知以外はネット経由でのニュースでしか しらないので、自分たちのブースのことに至ってですが、成功したのは”地元の人の力”の賜物です。何より”子供たち自身が素直で集中力がある”ことが特筆 です。根知の環境が人をそうさせるんだろうと思います。展示物は現在糸魚川駅内の博物施設”ジオパル”に月末まで展示中。 https: //kateitoe.shopinfo.jp/posts/2999993

7:同じく15日、個人的には36歳誕生日ですが、アトリエでお茶会をやって頂けまいした。”日本がなんぞや”物理的に突き詰めると、意外と終わりがない 自問自答ですが、少なくとも雅楽、伝統舞踊など、自分の36年の歴史の中で”古来からの日本人らしいもの”を五感で感じると、引き締まるものがあります。 今回のお茶会もまさにそうでした。わがままを思わなけば物には満たされているので、意外ともう”物欲”では本当の充実を得れない自分ですので、このシーン をいただけること自体が私にとって充実の36歳誕生日でした。引き続き、糸魚川市のクラフトムーブメントの流れで提携に至ったcreemaさん経由で都会 からの来客様との懇談会に参加し、近年のことをお話しさせていただきました。本気の方が多いです。果報は寝て待てですが、来年以降も楽しみな展開です。  https://kateitoe.shopinfo.jp/posts/2999907

8:愛知県長久手市にある、アトリエ&ギャラリー欅舎のフリーペーパー、”暮らしにアート”を頂きました。最終ページ見開きに”のこぎり家族物 語”なるエッセイが連載され、挿絵で私の絵が使われております。一宮時代からの繋がり、細々ですがボランティア活動・アート活動の流れで、ふわっとその機 会に至りました。不思議なものです。元をたどると、2011年始め、絵画教室を創業しようと志し、たまたま借りれた”いいな”と感じたスペースが”古民 家・ノコギリ屋根工場”でした。社会的には2007年に独立開業した身ですが、本当の意味、派が立つという意味での独立・スタートは2011年、そのタイ ミングだったと振り返ります。30歳のときでした。一宮を離れる時に、”年一回は故郷一宮で近況報告的な展示会を催したい”と心には決めておりました。機 会はぼちぼちとはお陰様でありますが、どうやら一宮市内ではなかなか強いご縁や素地に至れない状況があります。今のところ、一宮のお隣の北名古屋市、また 愛知の中では文化に明るく、愛知万博以降新興の流れにある長久手市が、展示報告会をやるには良い状況に至りつつあります。故郷は”一宮”として小さい単位 ではとらえず、”愛知全体である”という認識で、”近況報告的な展示会を催したい”という思いを実現できたらと計画中です。 欅舎(けやきしゃ)  http://www.e-keyaki.com/ のこぎり二 http://noko.webcrow.jp/

9:住んでいる集落の伝統行事で”ほら貝”を吹くことが多く、練習を始めました。思ったより早く音は出せるようになり、2日・3日目くらいで低音はだいぶ ミスしなくなりました。まだ高音域がコツを掴めてないです。近所に先生はいなさそうなので、ユーチューブで奏法をお手本を見ています。ネットでも意外とほ ら貝を拭くための読みやすい情報は少なく、PRと教室周知主体のものが上がってくるので、ほら貝の習得なかなかレアな機会を頂いております。

10:10月16日、日本経済新聞、日経MJに夫婦の取り組みが掲載されました。ちょっとオーバーか?誤解やトラブルを生まないか?という部分も感じなく はないですが、地域ぐるみで大きく動いているムーブメントの一端が全国に周知される一助となり、微力ですが部分的に関わっている身としては喜ばしいことで した。

11:10月下旬、近所の小学校で図工の授業のお手伝いをしました。ご注文が一杯な手前、近頃は教育現場に携われていないのですが、やはり現場で生で教え るのは大切だと思いました。実際に絵の具を使い実演を併せた手ほどきです。やはり専門的なことなので、子どもだけでなく、普段教える先生方へも勉強・刺激 としても効果があるような談を受け、よりやる気が湧きました。先に挙げたよう、”子供たち自身が素直で集中力がある”ことが特筆です。自身が大きく形成さ れる時期にそういう部分がたくさん刺激されるのは、大人になり、競争に向き合わなく行けなくなった時、立ちはだかる大きな困難は数回は出てくると思うので すが、克服するための大きな底力になり得るんじゃないかと思います。ここ一番という時に粘れない、思慮・思考が浅い、ひいては大きなチャンスを逃す大人、 少なくないです。深い力を持てないまま大人になると、より力をつけるチャンスが遠くなり、悪循環です。マスには決して大きな情報としては出ないでしょう し、数値化ではきっと表れない部分ですが、ねちっ子は良い環境に育っていると思います。 http: //www.city.itoigawa.lg.jp/item/21111.htm#moduleid8162 http: //www.itoigawa.ed.jp/nechi/otayori/273/

きっと、大切な漏らしもあると思いますが、だいたいこんな感じでしょうか・・・。色々ありますが月一ペースでは覚えきれなかったり、書けなかったりが現状です。それでは11月もよろしくお願いします。

転載先:https://ameblo.jp/nechidea/entry-12321485825.html (アメブロ宛定例記載)



2017/10/18
近所の小学校の図工室。本日は授業でした。ご注文が一杯な手前、近頃は教育現場に携われていないのですが、やはり現場で生で教えるのは大切だと思いまし た。実際に絵の具を使い実演を併せた手ほどきです。やはり専門的なことなので、子どもだけでなく、普段教える先生方へも勉強・刺激としても効果があるよう な談を受け、よりやる気が湧きました。また近日お邪魔の予定です。
転載先:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1546520525395199&set= a.507105262670069.1073741827.100001118009264&type=3&theater



2017/10/16
ご連絡が遅れ恐縮ですが、本日10月16日付の日経MJに、”ここ数年糸魚川が取り組む、手作り作家を活かした賑わいづくり”と”私たち夫婦”について紙 面に掲載をいただいています。全国版ですので、どの地方でもお買い上げいただけます。お近くでお見かけしましたら、よろしくお願い致します。
転載先:https://www.facebook.com/umezu.satoshi/posts/1544855695561682



2017/10/15
昨日、近所の駅の鉄道イベントで近所の子ども達と制作。楽しみながら絵をレクチャーしました。完成品は糸魚川駅ジオパルで期間限定で展示。イベント仕立て なので荒もありますが、子ども達の筆跡含め、臨場感楽しんでいただけたらと思います。午前、新潟糸魚川のアトリエで友人にお茶を点てて頂く機会を得まし た。個人的にたまたま今日が誕生日だったのですが、ご縁で出会い住まうことになった雪国の豪邸、とても立派な座敷、私にとって特別な日、まさか茶道を体験 させて頂ける時間は、格別でした。あわせて、ここ数日、屋敷の新たな活用のアイディアも色々と浮かびました。今からキリがついたら、近所の小学校で毎年 やっている住民運動会へ。
転載先:https://www.facebook.com/umezu.satoshi/posts/1543981588982426?pnref= story



2017/10/10

1:
diaryページを作りました。これまでFacebook個人ページに”らしきもの”を掲載していたのですが、かねてからもう少し広く誰でも検索と閲覧で きるようにしたく思っていました。まずこれからは主だった内容の転記をするところから始めます。

2:
日々の生活とアートをつなぐ欅舎のフリーペーパーマガジン”暮らしにアート”創刊号、ラストページにある平松久典さん著”のこぎり家族物語”に、絵を掲載 させて頂いております。掲載作品の過程はここに書けない量がありますが、元々は世に出すつもりなく描いた作品なので、個人的にちょっと気恥ずかしいレアな 作品です。個人的に今は新潟地方、関東・関西都市圏、海外が絡む動きになっているので、生まれ故郷のことへ手が届かず気味になりつつあったのが心残りでし た。しかし、不思議なご縁で今に続くつながりを保てていることに喜びです。ご関係の皆様へありがとうございました。”暮らしにアート創刊号”は、ながくて アートフェスティバル開催期間、ギャラリーとして開いている欅舎さんで手に入ると思われます。ご興味の方は、ぜひお 手に取りください。アートフェスは今月22日までです。欅舎(けやきしゃ) http://www.e-keyaki.com/ フリーペーパーマガジン 発行者様です。
ながくてアートフェスティバル2017 http://nagakuteartfestival.com/ 現在、欅舎のエリアで催されているアートフェ スです。のこぎり二 http://noko.webcrow.jp/ 私のふるさとの大切なことを守りながらも、現代とも繋がるようなアプローチをして いる、 アートで不思議なご縁がある場所です。

転載先:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1539804469400138&set= a.507105262670069.1073741827.100001118009264&type=3&theater


©  2016 - 2017 SATOSHI UMEZU & Eight be ART( Eight Beat )